読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ホロスコープ分析】アスクルの倉庫火災

どうも、アストロワンです。

 

アスクルの物流倉庫での火災が大変なことになっています。発生から4日がたった今も、鎮火のめどは立っていないそうです。

 

今回は、火災の起こった日時のホロスコープを見てみました。

 

アスクル物流倉庫火災のホロスコープ

発生:2017年2月16日9時15分埼玉

 

大規模火災なので何らかの特徴があると思ってはいましたが、あまりにも見事なホロスコープでした。

 

注目されるのは、MCに冥王星が合していることです。さらに、冥王星はいろいろな惑星のミッドポイントに正確にヒットしています。火星と天王星のミッドポイントに冥王星アセンダントルーラーの金星と月のミッドポイントに冥王星

火星に目を移してみると、火星と木星のミッドポイントに冥王星。火星はアセンダントルーラーの金星と天王星のミッドポイントにヒットしています。

 

また、6室の惑星と12室の惑星でオポジションが形成され、その中間に冥王星が位置していることも印象的でした。6室は仕事のハウス、12室は秘密、隠れた物など表舞台ではないハウスです。火災がオフィス用品販売会社の倉庫で発生したことと関連があるように思います。

 

冥王星は、生と死、権力、支配など、絶対的な力を象徴しています。火星は、ずばり火や熱の象徴です。

 

アスクル物流倉庫の火災のホロスコープは、冥王星と火星が強調された「大規模火災」にふさわしいものでした。